知らず知らず払い過ぎた分を返してくれる

過払い金とは、だれでも返してもらうことのできる、払い過ぎたお金や利息のことでグレーゾーン金利とも呼ばれます。

消費者金融、クレジット会社、大手デパートメーカーなどの賃金業者が、利息制限法の上限を上回って取り続けていた利息を過払い金と言いますが、実は、1000万人以上の日本人が、知らず知らずのうちに摂られ続けているんですよ。

例えば、キャッシングをすると、利用者は、商社金融などの賃金業者に、利息を払う義務がありますよね。

日本には、この利息に対して、消費者を守る法律があります。

利息制限法という法律で、「総額10万~100万円未満のきゃしいんぐについては、18パーセント以上の利息をとっては絶対にいけない」と定められているそうです。

これ、知っている人ってどれだけいるのでしょうか?100万円のキャッシングをしても、利息は最大18万円。

..ということなのです。

でも、驚くべきことに、この18パーセントを超えて長年にわたり多額の利息を取っていた、消費者金融などの賃金業者が数多くいるのです。

これは、立派な法律違反です。

裁判では、消費者金融などの賃金業者は、利息制限法で定められた以上の過払い金をキャッシング利用者に返還しなければならないという判決が出ました。

キャッシング利用者は、払い過ぎた利息を取り戻すために、過払い金請求手続きをすることができます。

それは当然の権利として認められています。

多くの消費者金融などの賃金業者は、18パーセントの規定よりも多い29.2パーセトの利息を取っていることが多いそうです。

今までに払い過ぎた分を返してもらうことや、まだ残っている借金の元本に充てて、借金を減額してもらいましょう。

この、過払い金返還請求手続きにより、長期返済を続けてきた人が、払い過ぎた利息を100万円以上も変換してもらえることもあるんですよ。

過払い金の返還は、10年経過してしまうと、時効になってしまうので請求ができなくなってしまいます。

まて、消費者金融などの賃金業者が倒産した場合も変換できないので、自分が、過払い金返還の対象者かも知れないと思う場合は、急いでチェックしてみてくださいね。

借金は、しないにこしたことはありません。

でも、実際、キャッシングの利用者は、1400万人以上で、日本の労働者の5人に1人とも言われているほどです。

それだけの利用者がいる中、多くの人が不当な利息を払い続けているのはやっぱりおかしいですよね。

自分の返せる範囲内でのキャッシングをするとしても、利息の返還が追いつかず、なかなか元金の返済ができないという人も多いはず。

過払い金返還で、借金を減らせるかどうか、調べてみてくださいね。

過払い金の請求への道のり

過払い金返還という言葉は聞いたことがあっても、自分がその対象者なのかどうかわからず、払い過ぎた利息を取り戻したいけれど、どうすればいいのかわからない、という人はたくさんいるはずです。

悩みを一人で抱え込み、前に進めないでいるなら、まず、弁護士や司法書士に相談してみてはいかがでしょうか。

過払い金返還についての費用はどれくらいかかるのかわからない、とか、ブラックリストに載ってもうキャッシングできなくなってしまうのでは、とか、難しい話になりそうで相談するのに気が引ける、と、相談に一歩踏み出せない人もいますよね。

でも、借金がどんなに多くても、法律で整理できない借金はありません。

司法書士の事務所によっては、過払い金返金請求についての初期費用を無料で対応してくれるところもあるので、今相談するお金がない、ということで悩んでいる人でも安心して相談することができます。

不景気な世の中、返してもらえる権利のあるお金があるなら、是非返してほしいですよね。

相談してみたら、意外と高額の返金請求ができるかもしれません。

何もしないでただ悩んでいるのでは、一銭にもなりませんよ。

まずは相談してみることから始めましょう。

過払い金請求変換への流れとしては、まず、初期費用無料で相談をします。

そして、和解交渉までの期間や費用の面で納得できたら契約をします。

過払い金の算出をしてもらい、消費者金融などの賃金業者に交渉してもらいます。

直接取引することはなく、代弁者として代わりに弁護士や司法書士が交渉を進めてくれるので安心です。

最近では、過払い金請求が増えたため、賃金業者もあの手この手で請求を逃れようとするので、交渉に時間がかかることもありますが、法律家たちが、親身になって、少しでも利益の鳴るような主張をしてくれるので任せましょう。

交渉が無事に終われば、夢にまで見た返金となります。

自分が過払い金請求の対象かも知れない、とすこしでも思うなら、まず相談することをお勧めします。